2019年度 本学入学式 挙行

4月9日、本学の入学式が武道館で行われた。桜も見頃のピークを迎える中、今年度は計3,706名の新入生を迎えた。 

入学式では、データサイエンスセンターについての話もあり、大学のデータサイエンスに対する想いの強さが感じられた。新入生代表であった本学学生もデータサイエンスの分野に興味があると宣誓の中で述べていた。今回の入学式は、データサイエンス色の強いものになっていた。

また、新入生に話を聞いたところ、次のような声が多く聞かれた。 

「実力主義を掲げていたのが印象的だった。」 

「留年しないように頑張りたい。」 

「基礎工学部の途中退出が新鮮だった。」 

また、「勉強を頑張りたい。首席で卒業します。」、「理科大生らしく勉強に励みつつ、今まで続けてきたバスケットボールも頑張りたいです。」など新入生らしい期待に満ちた回答も聞くことができた。ぜひ、初心を忘れずにこれからの理科大生活を楽しんで欲しい。 

武道館に向かう新入生と保護者たち=秋本篤弥撮影
式典前の武道館入り口=秋本篤弥撮影
校歌を斉唱する新入生=秋本篤弥撮影